CheckoutHelper のフォームでセキュリティコードの説明が表示されるようになりました

今まで、CheckoutHelperのフォーム上でセキュリティコードの入力欄のラベルが “CVC"と表示されていた点を"セキュリティコード"に修正し、"セキュリティコード"に関する説明が表示されるようにしました。

images

この名称はカードブランドにより

  • CVC Card Validation Code
  • CVV Card Verification Value
  • CID Card Identification Number
  • CSC Card Security Code

など様々ですが、今回は日本語向けによく利用される"セキュリティコード"という名称を採用しました。

ちなみに、セキュリティコードは主にカード番号の表面に表示されている、カードの名義、有効期限、番号といった情報とは異なり 読取機器でスワイプした際に得られる磁気情報内には保存されておらず、決済処理が発生した場合などにカード会社側で正当なカードであることを検証する際に用いられています。