テスト環境でCharge作成時に意図してエラーを発生させられるCustomer, TokenのIDを追加しました

テスト環境で課金の作成時に意図して例外を発生させられるIDを追加しました。

今まで、テスト環境で課金の作成時にこれらのエラーを発生させるには 特定のカード番号を指定したCustomerを作成し、そのCustomerのIDを指定する必要がありましたが、

customerやtokenに指定されたIDを用いることで 以下のerrorcodeのcarderrorを発生させることが出来ます。

  • card_declined
  • incorrect_cvc
  • incorrect_expiry
  • processing_error

開発環境でのデバッグやWebPayとの結合テストにご利用ください。