Java向けのライブラリを更新しました 1.1.3 -> 1.2.0

Java向けのライブラリ、webpay-javaバージョン1.2.0にアップデートしました。

今回の更新でエラーメッセージを日本語で受け取ることが出来るようになりました。

1
WebPayClient client = new WebPayClient("test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd").acceptLanguage(Locale.JAPANESE);

のように、WebPayClientのインスタンスに対してacceptLanguageというメソッドでLocaleを指定可能です。 現在はLocale.JAPANESELocale.ENGLISHに対応しており、デフォルトはLocale.ENGLISHとなっています。

実際にエラーを発生させた際に、以下のように受け取った例外のメッセージの言語が渡したLocaleによって変わります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
WebPayClient client = new WebPayClient("test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd").acceptLanguage(Locale.JAPANESE);

CardRequest cardRequest = new CardRequest()
        .number("4242")
        .expMonth(11)
        .expYear(2014)
        .cvc(123)
        .name("KEI KUBO");
ChargeRequest chargeRequest = new ChargeRequest()
        .amount(400)
        .currency("jpy")
        .card(cardRequest)
        .description(nil);

try {
  client.charges.create(chargeRequest);
}
catch (InvalidRequestException e) {
  System.out.printf(e.getMessage) //=> カード番号が無効です
}

APIが完全に日本語対応する前から、いち早く気づいて頂きPull Requestを送ってくださったchoreoさんありがとうございました。