テスト環境で作成できるインスタンスの上限数が300になりました

WebPayでは以前から、テスト環境で作成できるインスタンスの上限数を100とする制限を設けておりました。

このたび、内部環境の更新により、この制限を緩和できるはこびとなりました。 そこで条件を300に引き上げ、よりWebPayを利用したアプリケーションを作成するときのテストをストレスなく行えるように改善いたしました。

いままで頻繁にテストデータのクリアを行っていたような場合には、今後はより効率よくWebPayを試していただけることになります。

テスト環境と本番環境の違いについての詳細は、利用料金の案内 からご確認いただけます。