EC-CUBE決済モジュール、mdl_webpayをリリースしました

独自のサーバ上でECサイトを構築できるEC-CUBE向けに、決済機能としてWebPayとの連携を行えるモジュール、mdl_webpayをリリースしました。

主な機能は

  • WebPayの公開可能鍵、非公開鍵をEC-CUBEへ保存することでWebPayのAPIと連携できます
  • EC-CUBEの登録ユーザとWebPayの顧客オブジェクトを紐付け、購入者がログインしていれば次回以降はカード情報を入力せず利用できます
  • EC-CUBE内の注文、ユーザデータとWebPayの課金オブジェクト、顧客オブジェクトをIDで対応づけて管理できます
  • カード情報の入力にはCheckoutHelperを用いて、クライアントサイドからトークンオブジェクトへ変換するため、EC-CUBEを設置しているサーバでカードの情報を一切取り扱いません

となっており、EC-CUBEとmdl_webpayを組み合わせると、WebPayに登録するだけですぐクレジットカード決済の機能をもったECサイトを構築できます。

機能や導入方法などの詳細はmdl_webpayリポジトリ開発者向けドキュメントの説明を参照してください。