より安全にご利用いただけるようCheckoutHelperのv3をリリースしました

CheckoutHelperのv3をリリースしました。

今回の更新では次のような変更が行われました。

  • カード情報入力フォームをiframeを利用し、同画面の他のスクリプトからの参照されるリスクを低減しました
  • 意図せず元の画面のスクロールが行われるなど、表示上の問題を修正しました

現在 CheckoutHelper をご使用の方はHTML中にて https://checkout.webpay.jp/v1/もしくはhttps://checkout.webpay.jp/v2/を読み込んでご利用頂いておりましたが、これを

に変更することでご利用頂けます。

今回の変更では、サイトにより表示が崩れてしまう場合があるため、更新にあたっては十分にCheckoutHelperを用いている画面をご確認下さい。

また、独自にCSSを適用しスタイルに変更を与えてご利用になっている場合、v3ではクロスドメインでのiframeを利用している性質上、無効となって参ります。 現状自己責任にて行って頂いているものとなっておりますが、ニーズを鑑みて今後独自のフォームで簡単にカード情報入力が行えるような方法の提供を検討致します。

なお、今回の変更についての詳細については追って別の記事にてご紹介します。